« I, Robot
(Oxford Bookworms Library: Stage 5)
| トップページ | Love Actually
(Penguin Readers: Level 4) »

2004.06.30

Dr Jekyll and Mr Hyde
(Oxford Bookworms Library: Stage 4)

Dr Jekyll and Mr Hyde (Oxford Bookworms Library)
Dr Jekyll and Mr Hyde

超有名ホラー「ジキル博士とハイド氏」です。
「もしも、自分を束縛する全てのものから自由になって、自分以外の人間になれたら…」という願望を題材にした作品です。品行方正なジキル博士の心の奥底に潜む闇が、すごくリアリティをもって表現されていて、読んでいて引き込まれてしまいます。前回紹介した"I, Robot"もそうですが、長い間語り継がれる作品というのは、やはりパワーを持っていますね。

「束縛から自由になりたい」という欲求は、いつの時代もみんなが持っている願望ではないのでしょうか。というより、会社や学校、家族などに見せない「自分だけが知っている本当の自分」を開放できたらどんなに楽だろうかと。もちろん、現実的にはいろんな問題があり、それは一般的には困難なことだと思うのですが、例えば、匿名で、誰にも知られずに言いたいことが言える、インターネット上の巨大掲示板やネットワークゲームなどにおいては、周りの人が知らない自分をそこで解放している人がいるかもしれません。もしかしたら、ジキル博士の時代にインターネットがあれば、ジキル博士はハイド氏にならなくてもよかったかもしれません。一方で、仮想空間上で別人格を表す現代のハイド氏は、時にジキル博士のように別人格を制御できずに、問題を発生させてしまうことがあるのかもしれません。

巨大掲示板やインターネットが有害であると主張しているのではありません。それらは非常に役に立つと思っています。しかし、どんな手段を用いるにしろ、一度別人格を開放したら、それを制御できなければジキル博士のような結末が待っているのではないでしょうか。ちなみに、僕が英語の多読に挑戦していたり、このblogを公開していることを知らない人は僕の周りにたくさんいます。そういう意味では、僕もハイド氏の一人ですね。

なんか、書籍の紹介なのか何なのかよく分からない文章になってしまいました。すみません。
でも、「ジキル博士とハイド氏」は、単なるホラーではなく、いろいろ考えさせられる作品で面白いですよ。

評価:★★★★★

|

« I, Robot
(Oxford Bookworms Library: Stage 5)
| トップページ | Love Actually
(Penguin Readers: Level 4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dr Jekyll and Mr Hyde
(Oxford Bookworms Library: Stage 4)
:

« I, Robot
(Oxford Bookworms Library: Stage 5)
| トップページ | Love Actually
(Penguin Readers: Level 4) »