« Decline and Fall
(Oxford Bookworms Library: Stage 6)
| トップページ | 1st to Die »

2005.01.26

ダーリンは外国人

ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?ルポ。
ダーリンは外国人

外国人と結婚した作者の異文化コミュニケーションマンガです。ベストセラーになっているので、もう読まれた方も非常に多いかと思います。和書なのですが、語学習得にも多少関係があるのでご紹介します。

作者の小栗さんと結婚したトニーさんはマルチリンガル(関西弁含む)なのですが、日本人が外国語を習得できない要因の1つとして彼は「完璧主義」を挙げています。外国語の本を読むときでも、常に理解度100%を目指してしまうので、いつまで経っても先に進めないのだそうです。語学の習得のためには、正確でなくてもいいから「たくさんインプット/アウトプットする」ということが大切ということですね。これって、快読100万語!ペーパーバックへの道の中で酒井先生が言われていることと全く同じことだと思うのですが、実際に多言語を習得した人が主張すると、さらに説得力が増しますね。

…などと小難しいことは置いといて、この本は爆笑エッセイマンガとして単純にすごく面白いです。笑いをこらえるのが大変なので、書店での立ち読みや電車の中で読むのはやめて、ゆっくり家で読みましょう。笑いの多くはトニーさんの奇妙な(もしくは我々日本人にとって奇妙に見える)言動によるものですが、その中でも僕は「あっち向いてホイ」がどうしてもできないトニーさんが好きです。でもこの人って、どこの国にいっても「変わった人/面白い人」って言われそうだなぁ…。

評価:★★★★★

|

« Decline and Fall
(Oxford Bookworms Library: Stage 6)
| トップページ | 1st to Die »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダーリンは外国人:

» 『ダーリンは外国人』 小栗 左多里 [カオル+Books Blog]
著者: 小栗 左多里 タイトル: ダーリンは外国人 タイトル: ダーリンは外国人(2) ★★★★★ 作者の小栗さんと旦那のトニーさんのやり取りが... [続きを読む]

受信: 2005.03.18 12:29

« Decline and Fall
(Oxford Bookworms Library: Stage 6)
| トップページ | 1st to Die »