« ただいま~ | トップページ | 洋書多読200万語通過! »

2005.04.28

The Best Laid Plans

The Best Laid Plans
The Best Laid Plans

Leslie Stewartは幸せの絶頂にあった。彼女と婚約者のOliver Russellの結婚式の数日前までは…。Oliverは突然、Todd Davis上院議員の娘と結婚し、大統領選に出馬する。突然奈落の底に落とされたLeslie。彼女はOliverに復讐するために、報道の力を利用しようと考え、次々とメディアの買収を繰り返す。「いつかOliverをどん底に叩き落してやる…。」

基本路線は「捨てられた女の復讐劇」なのですが、それが(最近ちょっと話題になった)メディアの買収や、ホワイトハウスなど、非常に大げさな舞台で繰り広げられているのがなかなかいいですね。「単なる私怨でここまでするか」という感じで「女の執念の怖さ」みたいなものをちょっと誇張しながら描写しています。

あと、Leslie, Oliver, Davisやその他の登場人物の各々の"Plan"が交錯してストーリーが進むところが面白いですね。タイトルも"The Best Laid Plans"と複数形になっているのは、誰もが「自分の作戦は完璧だ」と思っているということを暗に示しているのだと思います。最後には誰のPlanがBestなんだろう?とか思いながら読んでいると、ページがどんどん進んでいきますね。

英語も平易で、ストーリーも割と分かりやすいので、サクサク読めてスカッと楽しめる作品だと思います。個人的には、(邦訳版も含めて)今まで読んだSheldonの作品の中では一番面白かったように思います。うさじろうさんもblogで大絶賛されています。

この本を読んで、面白いと思われた方には、The Sky Is Fallingもあわせて読むことをお薦めします。

評価: ★★★★

|

« ただいま~ | トップページ | 洋書多読200万語通過! »

コメント

ぴくりんさんこんにちは!&お帰りなさーい!
南の島に行ってらしたのですか~いいですね。
そういえば、リゾート地なんて私しばらく行ってないわ・・・
GWもおうちでゴロゴロです。

ところで、トラバありがとうございます。
これ、面白かったですか!私も大袈裟でわかりやすいところが気に入っています(笑)
それぞれの腹黒~い思惑が交錯するところも面白いですよね。
この本がきっかけで、シェルダン氏の他の本も読みたいと思うようになりました。

投稿: うさじろう | 2005.04.30 18:17

うさじろうさん、コメントありがとうございます。ぴくりんです。

僕は基本的に分かりやすい物語が大好きなので、The Best Laid Plansは非常に気に入りました。僕も次はどのシェルダンを読もうか思案中です。いつかは「ゲームの達人」も読みたいなぁと思っています。

投稿: ぴくりん | 2005.05.07 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Best Laid Plans:

» 多読に苦行は似合わない! [使える英語力構築への道]
多読とは、読んで字の如く、本をたくさん読むこと。 全くもって、簡単。 しかし、そ [続きを読む]

受信: 2005.04.30 11:26

« ただいま~ | トップページ | 洋書多読200万語通過! »