« The Curious Incident of the Dog in the Night-time | トップページ | The Princess Diaries »

2005.08.17

Jonathan Livingston Seagull

Jonathan Livingston Seagull
Jonathan Livingston Seagull

カモメのJonathanは、飛ぶことが大好きだった。他のカモメたちが食料を探すために空を飛ぶのに対して、Jonathanは「飛ぶこと」を目的に、寝食を忘れて飛び回り、すごく速く飛ぶ方法など、様々な飛び方を発見した。しかし、ある日Jonathanは群れを追い出されてしまう…。

う~ん。この物語の基本テーマは「固定観念やしがらみに縛られないで、自由に自分の好きなものを追い求めよう!!そうすれば何でもできるようになるよ!」ということなのだと思うのですが、イマイチこのテーマに共感できませんでした。「物の見方を変えれば、今まで越えられなかった壁を越えられる」ということは、確かにあるかと思いますが、僕はあまりそこには感動を覚えません。それよりも、いろんなしがらみや制約のある中で、もがき苦しみながらほんの少しずつ前進したりする物語が好きです。ちょっと「プロジェクトX」的な感じのやつですかね。

また、物語の前半では飛ぶことを極限まで極めようとしていたJonathanが、後半になると自分が会得したことを後輩達に教えようとするばかりで、自らが「飛ぶこと」に対する追求を全然しなくなってしまったことが非常に興ざめでした。

amazonの書評でベタ褒めだったので読んでみましたが、僕にとってはちょっと期待外れの1冊になりました。

評価:★★

|

« The Curious Incident of the Dog in the Night-time | トップページ | The Princess Diaries »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jonathan Livingston Seagull:

« The Curious Incident of the Dog in the Night-time | トップページ | The Princess Diaries »