« The Princess Diaries | トップページ | The Naked Face »

2005.08.30

Trumpet Voluntary
(Cambridge English Readers: Level 6)

Trumpet Voluntary (Cambridge English Readers. Level 6)
Trumpet Voluntary

ある日、ビオラ奏者のDerekが帰宅すると、そこにはトランペット奏者の妻、Malgosiaの姿がなかった。彼女のトランペットをピアノの上に置き去りにしたまま、彼女は消えてしまった。そして、直後に警察が彼を訪ねてくる。「奥さんのことについて、ちょっとお伺いしたいのですが…。」DerekはMalgosiaの居場所を突き止めるべく、リオデジャネイロへ飛ぶ。果たして、DerekはMalgosiaを見つけることができるのか。そして、Malgosiaの昔の恋人、Tiborの影がちらつく…。

いわゆる素人探偵(この物語の場合は、行方不明になった妻を探すビオラ奏者)が事件の真相を探るべく東奔西走する物語です。個人的には、その「事件の真相」へたどり着くまでの過程や、真相そのものにあまりサプライズが無かったので、もうちょっと工夫して欲しかったと思います。それでも、サスペンスを基本にアクションと恋愛のスパイスをちょっときかせて、それなりに読める物語として仕上がっています。いろんな要素を織り交ぜて見せるテレビの2時間ドラマみたいなもんですかね。「混浴湯煙連続殺人事件!家政婦はロンドン橋を封鎖せよ!」みたいな(どんなんやねん)。

で、物語の恋愛面についてですが、いわゆる「全く違うタイプの2人の男の間で揺れる女心」が主題になっていると思います。片方は「あこがれの存在タイプ」で、基本的に超カッコ良くてモテモテで、一緒にいるとドキドキして口もきけなくなっちゃうような存在だけど、自分勝手で相手のことを全く考えないような男で、もう片方は「身近な存在タイプ」で、別にこれと言ってスゴイところはないんだけど、思いやりがあって優しくて、一緒にいるとリラックスできて、心を許して何でも話せるようなタイプです。こんな感じで対照的な2人の間に挟まれて悩む物語って、結構たくさんある(The Princess Diariesもそんな感じです)ような気がするのですが、おそらく一般受けするからなんでしょうね。

僕はどっちのタイプの男でもないと思いますが、一度でいいから前者のようなタイプになってみたいと思う次第であります(笑)。

評価:★★★

|

« The Princess Diaries | トップページ | The Naked Face »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Trumpet Voluntary
(Cambridge English Readers: Level 6)
:

« The Princess Diaries | トップページ | The Naked Face »