« The Magician's Nephew
(The Chronicles of Narnia: Book 1)
| トップページ | Edward's Exploit »

2005.10.11

300万語通過!

"The Magician's Nephew"で多読300万語を通過しましたので、経過報告させて頂きます。

●経過概要

経過日数:509日
読書時間:360時間
読書冊数:102冊

●面白かった本ベスト3(200~300万語)

1. If Only It Were True
2. Harry Potter and the Chamber of Secrets
3. Flowers for Algernon

●読書速度について

10万語程読んだときに「100万語突破したら、読書スピード(現在130語/分程度)も上がってくるかなあ。」などと思っていましたが、今でも140語/分程度で、ほとんど変わっていません。もちろん、段々難しい難しいものを読むようになったことも影響していると思います。ですが、「読み方が悪いのかなぁ」とか「多読って効果無いなぁ」などとは全然思っていません。所詮、外国語の習得は「1日のうち、どれくらいの時間をその言語に費やすことができるか」にかかっていると思っているので、1日平均44分程度しか英語を読まない今のようなペースでは、劇的な変化は出なくても当たり前だと思います(もちろん、効果が出ても不思議ではないですが)。なので、これからも読めるもの/読みたいものをゴンゴン読んでいこうと思います。でも、いつかは200語/分くらいで読めるようになりたいなぁ…。

グラフはこちら。

●書評について

僕は個人的にblogを立ち上げて、自分が読んだ洋書の書評を掲載しているのですが、小さい頃から作文や読書が大っ嫌いだったもので、よもや1年以上も自分がそんなことが続けられるとは思ってもみませんでした。本の感想をblogに書き続けていることは、ある意味、洋書を読み続けていることよりも自分にとってはミラクルです。

それにしても、書評って書いてみると難しいですね。特に、面白い作品の「面白さ」をそのまま表現すると、「ネタバレ」になってしまうケースが多々あるので、それらをネタバレせずに表すのには非常に苦労します。逆に、つまらない作品をけなすのは非常に簡単なので、つまらない作品の方が面白い作品よりも書評が長くなったりもします(笑)。

●その他

300万語を記念して、今まで「私の多読手帳を公開します!」と題して公開していたサイトを「ぴくりんの洋書データベース」に衣替えしました。今までに読んだ洋書をデータベース(というほど大げさなものではないですが)にまとめ、検索機能やソート機能などをつけてみました。Windows+Internet Explorer以外の環境ではうまく動作しないかも知れませんが、興味のある方は、是非ご覧になって下さい。

|

« The Magician's Nephew
(The Chronicles of Narnia: Book 1)
| トップページ | Edward's Exploit »

コメント

300万語通過おめでとうございます。
1日平均44分ですか。私の場合も往復の通勤時間で集中できるのはそんなものかも知れません。通勤多読仲間として、お互いどこかですれ違うかも知れませんね。

投稿: サーモン | 2005.10.12 01:03

サーモンさん、ありがとうございます。

お互い、顔も知らないままにすれ違っていたら面白いですね。しかも、2人ともダレン・シャン読んでて、どっちも「あ、あいつも読んでる」とか思ったりして(笑)。

投稿: ぴくりん | 2005.10.13 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 300万語通過!:

« The Magician's Nephew
(The Chronicles of Narnia: Book 1)
| トップページ | Edward's Exploit »