« A Better View for Gordon | トップページ | 買っちゃった♪ »

2005.10.06

Harry Potter and the Chamber of Secrets

undefined
Harry Potter and the Chamber of Secrets

Hogwarts魔法学校での1年のカリキュラムを終了したHarryは、Dursley家で抑圧された夏休み送りながら、Hogwartsに戻れる日を待ち望んでいた。しかしある日、Dobbyと名乗るHouse Elfが彼の元にやってきて彼に警告する。「ハリーよ、あなたはHogwartsに戻ってはいけません。あなたを亡き者にしようとする企てがあります。」しかしHarryは警告を無視して、夏休み終わるとHogwartsに戻ってしまう。そして、そこでは驚くべき事件が彼を待ち構えていた…。

というわけで、おなじみハリー・ポッターの第2巻です。前作を読んだときには「そんなに大騒ぎするほど面白いかなぁ?」と思いましたが、この作品にはやられました。

いやー、面白すぎですわ。この本。

ハリー・ポッターというと、その魅力は舞台設定(Hogwarts魔法学校)や魅力的なキャラクター(Hagridや「俺様って最高!」なLockhart先生など)にあるように思われますが、この作品の真の魅力は「計算されまくった緻密なプロット」にあると思っています。特に、ハリー達が断片的な情報を集めて「秘密の部屋」の真相を明らかにしていく過程の素晴らしさは、良質の大人向けミステリにも比肩すると思います。ハリー・ポッターが世界中で親しまれている理由がちょっとだけわかったような気がします。

また、第1巻を読んだときには、他のキャラクターに比べて、主人公3人(ハリー、ロン、ハーマイオニー)のキャラが没個性的(キャラが立ってない)で魅力に欠けるなぁ、と思っていました。しかし、これは主人公に対して奇異な性格付けをしないことで親しみやすくし、読者が共感しやすいようにすることで、あたかもハリー達と一緒に冒険をしているような感覚を読者に与えるために、わざとそうしてるのではないかと思えてきました。そして、その狙いは見事に成功し、世界中の子供達を魅了しているのだと思います。

前作を読んだときには思いませんでしたが、今はこう思っています。

「次回作も絶対読みます。」

評価:★★★★★

|

« A Better View for Gordon | トップページ | 買っちゃった♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Harry Potter and the Chamber of Secrets:

« A Better View for Gordon | トップページ | 買っちゃった♪ »