« A Color of His Own | トップページ | Who Moved My Cheese? »

2005.11.07

The Lion, the Witch and the Wardrobe

洋書
The Lion, the Witch and the Wardrobe

Peter, Susan,Edmund,Lucyの4人は、戦火を避けるために田舎の家に疎開していた。ある日、Lucyがその家の洋服箪笥の扉を開けてみると、そこは異世界Narniaへと続く扉になっていた…。「ナルニア国物語」の第2巻です。

第1巻が面白かったので、続けて第2巻も読んでみたのですが…う~ん、ちょっと期待外れであまり楽しめませんでした。その理由を考えると「この物語の中で明らかになっていないことが多すぎる」ことが原因なんじゃないかなぁ、と思います。例えば、Narnia国の創始者であるAslanと、魔法によってNarniaを真冬の国にしてしまったWhite Witchとの対決を描いているのですが、この物語だけからでは、何故この2人がいがみあっているのかや、White WitchがNarniaを雪に埋もれさせてしまった理由などがあまりよく分からないような気がします。個人的には、この本よりも第1巻を先に読む方がいいのではないかと思います。

また、児童書にしては英語がちょっと難しかったことも、あまり楽しめなかった理由の1つかもしれません。知らない単語もたくさんありました。

評価:★★

|

« A Color of His Own | トップページ | Who Moved My Cheese? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Lion, the Witch and the Wardrobe:

« A Color of His Own | トップページ | Who Moved My Cheese? »