« Charlotte's Web | トップページ | Winning Isn't Everything »

2005.11.16

Three Tales of My Father's Dragon

My Father's Dragon, Elmer and the Dragon, the Dragons of Blueland
Three Tales of My Father's Dragon

主人公の男の子Elmarは、ある日一匹の猫を拾いました。Elmarは言いました。「ボク、大きくなったら飛行機が欲しいなぁ。空を飛んでどこにでも行けるって、すごいと思わない?」猫は答えます。「昔、Wild Islandに行ったときに、そこで竜を見た。今は囚われの身になっているその竜を助けてあげれば、きっと竜はお前を背中に乗せてどこへでも飛んで行ってくれるだろう」そこで、Elmarは竜を助けるべく、旅に出ます…。

"My Father's Dragon", "Elmer and the Gragon", "The Dragons of Blueland"の3部作を一冊にまとめた本です。Elmarと竜の友情や、数々のピンチを切り抜けるためのElmarの機転など、児童書に必要な「わくわく要素」満載のファンタジーです。また、大きめに描かれている多数の挿絵も素晴らしいです。黄色と青のストライプが鮮やかなドラゴン、Wild Islandに現れる様々な動物達などが非常に可愛く描かれています。

子供向けファンタジーとして、安心してお薦めできる一冊だと思います。

評価:★★★★

|

« Charlotte's Web | トップページ | Winning Isn't Everything »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Three Tales of My Father's Dragon:

« Charlotte's Web | トップページ | Winning Isn't Everything »