« Nothing At All | トップページ | Little Shark »

2006.02.08

Allies of the Night

Allies of the Night

Book 8 in the Saga of Darren Shan (Cirque Du Freak
Allies of the Night

Vampaneze Lordを倒すべく、捜索を続けるDarren Shan達。そこへ意外な訪問者が。「やぁ、キミがDarren君かね。ワシはschool inspectorだが、キミの入学届を受理したので、月曜日から学校に来たまえ。」出した覚えのない入学届に困惑するDarren達。しかし、久しぶりに学校に通うことになった彼は、そこで運命的な再会を果たすことになる…。

久々にDarren Shanを読みました。前作(第7巻)を読んだのは昨年の7月だったので、半年以上開いてしまいましたが、それでもすんなり物語に入ることができました。やっぱり、作品の世界がきっちりしているからなんでしょうね。

今回の物語では、過去に登場したキャラクターとの再会がいろいろあって面白かったですね。「あぁ、そういえばこんな奴もいたなあ」という感じの登場人物もいました。

あと、この物語ではMr.CrepsleyとVancha Marchという2人のヴァンパイアが前作同様Darrenと行動を共にするのですが、この2人が非常に対照的なのも面白いですね。Mr.Crepsleyはどちらかというと常に冷静で、あまり多くを語らないけど謎めいた過去を持つ、色白で冷たいクールガイというイメージなのに対し、Vanchaの方は陽気でおしゃべり、ワイルドで女好きな褐色の肌のプレイボーイという感じですね。女性の読者だったら「私はどっちが好み」という話題でひとしきり盛り上がれるのではないかと思います。

評価:★★★★

|

« Nothing At All | トップページ | Little Shark »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Allies of the Night:

« Nothing At All | トップページ | Little Shark »