« The Funny Thing | トップページ | Allies of the Night »

2006.02.06

Nothing At All

洋書
Nothing At All

むかしむかし、あるところに3匹の犬の兄弟が住んでいました。耳のとがったPointy、カーリーヘアのCurly、そして姿の見えない犬、 "Nothing-at-all"です。3匹は仲良く暮らしていたのですが、ある日、子供がPointyとCurlyを拾って家に連れて帰ります。Nothing-at-allは姿が見えないので拾われませんでした。一人ぼっちになってしまったNothing-at-all。彼は一体どうするのでしょうか?

「姿の見えない犬」という発想が奇抜で面白いですね。でも、たとえ姿が見えなくても、彼の喜びや悲しみが伝わってくるようです。ほんわかとした気分で楽しめる一冊です。

評価:★★★

|

« The Funny Thing | トップページ | Allies of the Night »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nothing At All:

« The Funny Thing | トップページ | Allies of the Night »