« The Lake of Souls | トップページ | The Boy Who Lost His Face »

2006.03.21

When Everybody Wore a Hat

洋書
When Everybody Wore a Hat

1916年、作者のWilliam Steigが8歳だった頃の様子を描いた作品です。第1次大戦中に、移民としてアメリカへ渡ってきた一家や、周りの人々の様子を子供の視点で描いています。イラストは子供の絵日記のようなタッチで描かれており、一見雑なようにも見えますが、人々の容姿の描写や表情などにとても味があって、非常に素晴らしいと思います。

当時の生活の様子を知りたいと思う大人や、実際にその時を過ごした人々(今ではもう100歳近くなってしまうと思いますが…)が読んで楽しむ本だと思います。非常に「大人向け」の絵本ですね。

評価:★★★★

|

« The Lake of Souls | トップページ | The Boy Who Lost His Face »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: When Everybody Wore a Hat:

« The Lake of Souls | トップページ | The Boy Who Lost His Face »