« サイトリニューアル | トップページ | Custard the Dragon and the Wicked Knight »

2006.05.19

The No. 1 Ladies Detective Agency

洋書
The No. 1 Ladies Detective Agency

(62,000語 YL:6.5)

アフリカのボツワナに住む主人公のRamotswe。彼女は父親の遺産をもとに探偵事務所"The No. 1 Ladies Detective Agency"を設立し、困っている人々(特に女性)を助けるべく、私立探偵の仕事を始める。

アフリカを舞台に女私立探偵が活躍するという一風変わった物語です。Ramotsweが扱う事件は、どれもそんなに込み入ったものではないので、本格ミステリファンにはちょっと物足りないかもしれません。ですが、彼女が事件の真相を解明した後に取る行動がなかなか面白いです。一般のミステリだと「探偵が真相解明→犯人がつかまってめでたしめでたし」となりがちですが、この物語だと「諸般の事情により依頼者が警察の介入をあまり歓迎しないので、なるべく穏便に処理してほしい」という感じの事件が多いです。そのため、Ramotsweが頭をひねって、警察のやっかいになることなく事件が丸く収まる方法を考えるあたりが面白いですね。

人名などの固有名詞などには、我々日本人がなじみの薄いものも多く、ちょっと読みにくさを感じるところもありますが、独特の雰囲気はなかなかgoodです。

評価:★★★

|

« サイトリニューアル | トップページ | Custard the Dragon and the Wicked Knight »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The No. 1 Ladies Detective Agency:

« サイトリニューアル | トップページ | Custard the Dragon and the Wicked Knight »