« The Hostile Hospital | トップページ | Why Men Don't Listen and Women Can't Read Maps »

2006.05.27

The Twelve Dancing Princesses

洋書
The Twelve Dancing Princesses

(1,500語 YL:1.5)

昔、あるところに王様と12人のお姫様が住んでいました。王様は毎晩、姫達がベッドで寝入るのを確認しているのですが、翌朝になると、必ず姫達の靴がボロボロになっているのです。一体姫達は毎晩どこで何をやっているのでしょう?気になった王様は言いました。「誰でもいい。姫達の秘密を解き明かすことのできる男がいたら、12人のうち、好きな姫との結婚を許し、私のあとを継ぐ王にしてやろう」そこで、何人もの男達が謎の解明に挑戦するのですが、うまくいきません。そこへ、一人の傷ついた兵士が現れ、姫達の謎に挑戦することになりました…。

グリム童話の物語です。ストーリー自体にそんなに驚きがあるわけではありません。ですが、カラフルでちょっと妖しく、エキゾチックな感じで味のあるイラストがいいですね。秘密を持った12人の姫達が一同に会している場面なんかは、なかなかにインパクトがあります。

評価:★★★

|

« The Hostile Hospital | トップページ | Why Men Don't Listen and Women Can't Read Maps »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Twelve Dancing Princesses:

« The Hostile Hospital | トップページ | Why Men Don't Listen and Women Can't Read Maps »