« Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Pool
(Penguin Readers Level 3)
| トップページ | SAYURI »

2006.08.18

Return to Earth
(Oxford Bookworms Stage 2)

Return to Earth (Oxford Bookworms Library)
Return to Earth
(5,688語 YL:2.6)

宇宙飛行士のHarlが、宇宙に旅立つ時が迫っていた。「僕はこれから8年間、宇宙船の中だ。でも、その間に地球では100年が経っているだろう。」彼の恋人で科学者のEllenは言った。「あなたが帰ってくる時には、私達の技術で全人類はテレパシーが使えるようになっているはずよ。」そしてHarlは旅立ち、8年が経ち、地球に戻ってくる日になった。果たして、テレパシーの使えるようになった人類は、どのように変化しているのであろうか…。

「全人類にいっぺんにテレパシー能力を与える」という荒唐無稽な設定がいいですね。そんな無茶苦茶なことを勝手にやっちゃうことが正しいことだと信じきっているEllenがスゴイです。また、テレパシー能力を与えられたのが、実は人類だけじゃなかったという発想もなかなか面白いですね。

まあ、ツッコミどころはいろいろあると思いますが、僕は好きですよ、こういうの。

評価:★★★★

|

« Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Pool
(Penguin Readers Level 3)
| トップページ | SAYURI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Return to Earth
(Oxford Bookworms Stage 2)
:

« Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Pool
(Penguin Readers Level 3)
| トップページ | SAYURI »