« 八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅 | トップページ | 他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい »

2006.10.08

Gone with the Wind Part One
(Penguin Readers Level 4)

Gone with the Wind (Penguin Readers
Gone with the Wind Part One
(14,000語 YL:4.0)

Scarlett O'Haraはとても美しく、多くの男性の憧れであった。しかしそんな彼女が密かに想いを寄せていたAshleyは、別の女性と結婚してしまう。ヤケクソになった(?)Scarlettも別の男性と結婚するが、夫はまもなく他界してしまう。そんな彼女の前に現れたのは、チョイ悪オヤジ(???)のRhett Butler。彼のアブないテイストに魅かれながらも、Ashleyのことを想い続けるScarlett。そして彼女達は、南北戦争という時代の荒波に飲み込まれることになる…。

何だかおかしな感じのあらすじ紹介になってしまいましたが(笑)、名作と名高い「風と共に去りぬ」です。Graded Readersにしては珍しく前編・後編と2冊に分かれており、その前編です。「誠実な紳士」と「ダーティなワル男」の間で揺れ動くヒロインという図式で、恋愛ドラマとしては結構典型的な感じですね。そんな中で南北戦争が起こって、みんな極限状態に置かれる中で、Scarlettは悩んだり、怒ったり、嫉妬したりといったいろいろな感情を見せます。ヒロインのScarlettがあんまり美化されておらず、これらのネガティブな感情を表に出していることが読者の共感を呼んで、それがこの作品が多くの人に支持される理由の1つになっているのではないかと想像しています。

評価:★★★

|

« 八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅 | トップページ | 他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gone with the Wind Part One
(Penguin Readers Level 4)
:

« 八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅 | トップページ | 他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい »