« Gone with the Wind Part One
(Penguin Readers Level 4)
| トップページ | Gone with the Wind Part Two
(Penguin Readers Level 4) »

2006.10.10

他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい

他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい
他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい

億万長者になりたいので(笑)読んでみましたが、この本を読んだだけではどうやら億万長者にはなれないようです(笑)。そりゃそうですよね。「億万長者になれる方法」があったとしたら、そんなものはみんなに公開する前に自分が実行しますもんね。この本の著者も、「この本に書いてあることを実践することにより得られる収入増」と「この本を書くことにより得られる印税」を比べたら、絶対後者の方が大きいと思ったから、この本を書いたでしょうしね。

この本の要点は主に以下の2点です。

  1. アメリカのビジネス書は、日本のものより先進的なので、それを読めばビジネスに勝てる
  2. 洋書っていうのは、読もうと思えば意外と読める

2.については、まぁそうかなあと思うのですが、1.についてはかなり疑問を感じます。この考え方は、ソフトバンクの孫社長などが言っている「タイムマシン経営(海外で導入されているビジネスをいち早く日本に持ち込むことでビジネスに勝つという方法)」に通ずるものがあると思います。でも、同じようなことをライブドア元社長の堀江被告も言っていたような気がします。この両者を比較して考えてみると、「新しい情報をいち早く収集する」というのは、ビジネスにおいて勝利するための「多くの必要条件のうちのごく一部」であって「十分条件」ではないように思われます。

ビジネス書としても、英語リーディングの指南書としても、非常に中途半端な気がします。少なくとも、億万長者になれる程賢い人は、この本を買うのに1,300円の投資はしないのではないでしょうか(笑)。

評価:★★

|

« Gone with the Wind Part One
(Penguin Readers Level 4)
| トップページ | Gone with the Wind Part Two
(Penguin Readers Level 4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい:

« Gone with the Wind Part One
(Penguin Readers Level 4)
| トップページ | Gone with the Wind Part Two
(Penguin Readers Level 4) »