« Through the Looking-Glass
(Oxford Bookworms Stage 3)
| トップページ | The Accidental Cheerleader »

2006.10.21

The Big Sleep
(Oxford Bookworms Stage 4)

The Big Sleep (Oxford Bookworms Library)
The Big Sleep
(14,000語 YL:3.8)

無頼な私立探偵のPhilip Marlowe。彼は大富豪のGeneral Sternwoodから、彼のもとに届く脅迫状を何とかしてほしいという依頼を受ける。捜査を開始したMarloweだったが、Sternwoodの娘もトラブルに巻き込まれ…。

本格的ハードボイルド・ミステリです。英語自体はそんなに難しくはないと思いますが、人間関係が複雑なので、最後まで読んでも事件の全体像を把握するのがちょっと難しかったです。例えば、Vivianという女性の登場人物は、事件の依頼主でもあるGeneral Sternwoodの娘なのですが、Mrs Reganとも呼ばれていて、失踪したRusty Reganの妻であるといった感じで、またこのVivianの知り合いの関係がからんでくるともっと複雑になってきます。かなり記憶力が問われる作品ですね。

それでも、ハードボイルドっぽい雰囲気は楽しめました。そろそろ本格的なペーパーバックのミステリが読みたくなってきました。

評価:★★★

|

« Through the Looking-Glass
(Oxford Bookworms Stage 3)
| トップページ | The Accidental Cheerleader »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Big Sleep
(Oxford Bookworms Stage 4)
:

« Through the Looking-Glass
(Oxford Bookworms Stage 3)
| トップページ | The Accidental Cheerleader »