« Washington Square
(Oxford Bookworms Stage 4)
| トップページ | Meteor and Other Stories
(Oxford Bookworms Stage 6) »

2006.10.03

The Penultimate Peril

The Penultimate Peril (Series of Unfortunate Events)
The Penultimate Peril
(52,000語 YL:6.0)

Baudelaire家の3きょうだいは、自分達の周りにある謎を解明すべく、潜入捜査を開始する。舞台はHotel Denoument。そこには、様々な人々が、様々な計画を企てていた…。

A Series of Unfortunate Eventsの第12巻です。表題にある "Penultimate"というのは、「最後から2番目の」という意味です。なので、第13巻が最終巻になります。12巻も面白かったのですが、ラストがラストだけに続きが気になってしかたありません。本当にどうやって収集をつけるんだろう?謎が謎を呼び、次々に蓄積されていった謎の数々は解決するのだろうか?最後に笑うのはOlaf伯爵なのだろうか?やっぱり3きょうだいは不幸なままで、幸せな結末は望めないのでしょうか?

最終巻は今月発売ですが、作者が何度も述べているように「幸せな結末を望むならば、他の本を読んだほうがいい」のでしょうか???

なんかもう、作者の術中にどっぷりはまりまくりです。

評価:★★★★

|

« Washington Square
(Oxford Bookworms Stage 4)
| トップページ | Meteor and Other Stories
(Oxford Bookworms Stage 6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Penultimate Peril:

« Washington Square
(Oxford Bookworms Stage 4)
| トップページ | Meteor and Other Stories
(Oxford Bookworms Stage 6) »