« Dive: The Danger (Dive Book Three) | トップページ | 100 Best Books for Children »

2007.02.21

I was a Rat!


I was a Rat!
(27,157語 YL:4.5)

ある夜、子供のいない老夫婦のBobとJoanのもとに、一人の少年が訪ねてきた。「君は誰だね?どこから来たのかね?」と尋ねると、その少年は「僕は…ネズミだったんです…。」と答えた。夫婦は彼をRogerと呼び、彼を適切に扱ってくれるところをあちこち探し回るのだが、そんなところはどこにもなかった…。

外見は人間だけど、以前は人間だったと主張する少年Rogerが、人間たちに翻弄される物語です。純真(?)でいい子でいようと努めるRogerが、いろんな人間達の私利私欲のために利用され、不幸になるシーンが多々あるので、ちょっと可哀想な気がします。でも、「人間のようで人間じゃないような」Rogerを通して、人間の身勝手さや愚かさをとてもうまく描いていると思います。

「人は見た目では分からない。外見に騙されるな!」と叫んでる人たちが、外見に騙されまくっているところがすごく皮肉っぽくて面白いです。

評価:★★★

|

« Dive: The Danger (Dive Book Three) | トップページ | 100 Best Books for Children »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I was a Rat!:

« Dive: The Danger (Dive Book Three) | トップページ | 100 Best Books for Children »