« The Firework-maker's Daughter | トップページ | カーズ »

2007.02.01

シドニー・シェルダン氏死去

大ベストセラー作家のシドニー・シェルダン氏が亡くなられたそうです。シェルダンはしばらく読んでいなかったのですが、今年になって突然「また読もうかなぁ」と思いはじめて、"Nothing Lasts Forever"と"Are You Afraid of the Dark?"を立て続けに読み終えたばかりのところだったので、ニュースを知ってちょっとびっくりしました。もしかしたら、シェルダン氏からの「私が生きているうちに一冊でも多く読んで欲しい」というメッセージをどこかで受け取っていたのかも(まさかね)。

シェルダン氏の作品については、このblogでいろいろ文句を言っていたりしていますが(笑)、偉大な作家であることは誰もが認めるところだと思います。個人的には、「物語の深み」であるとか「リアリティ」みたいな小難しいものは潔くバッサリと切り捨てて、「スケールの大きさ」「スリルとスピード感」「セクシーさ」、そして何よりも「読みやすさ」といった点に注力するという「割り切り」により、多くの人に楽しんでもらえるエンターテイメント作品を生み出したというところがとても素晴らしいと思います。全世界で3億部(!)も売り上げる作家なんて、今後もそうそう現れるものではないと思います。

シェルダン氏のストーリーは、大雑把に言うと「若くて美人でセクシーで才能あふれる主人公の女性が、知恵と勇気と行動力を武器に巨大な陰謀に立ち向かう」という構図が多いような気がします。ワンパターンと言えばワンパターンかもしれませんが、シェルダンの描く女性というのは、男性からは知的でセクシーに見え、女性からは憧れの対象として見られるような「最大公約数的に好かれる女性」のように思います。そんなキャラクター設定も、シェルダン氏の作品が多くの人に好かれた一因だと思います。

シェルダンさん、数々の楽しめる作品をありがとうございました。ご冥福をお祈り致します。

|

« The Firework-maker's Daughter | トップページ | カーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シドニー・シェルダン氏死去:

« The Firework-maker's Daughter | トップページ | カーズ »