« Tales of the Greek Heroes | トップページ | Traction Man Is Here! »

2007.04.25

Shakespeare's Stories: Twelfth Night


Shakespeare's Stories: Twelfth Night
(13,900語 YL:3.0)

美しいOliviaは、父と兄を亡くして悲しみに暮れていた。しばらくは誰とも結婚する気になれなかった。そんな彼女にOrsino伯爵は求婚し続けていた。しかし、OliviaはOrsino伯爵のメッセンジャーであるCesarioを一目見て、恋をしてしまう…。

シェークスピアの喜劇「十二夜」のretold版です。とても平易な英文で書かれており、巻末には、本文中に出てくる全ての単語の訳が載っているので、英語初心者でも十分楽しめると思います。

物語は、人間関係がぐっちゃんぐっちゃんで面白いです。Orsino伯爵はOliviaと結婚したいのですが、そのOliviaはOrsino伯爵の使いであるCesarioが好きになります。そのCesarioは実はViolaという女性で、彼女はOrsino伯爵のことが好きで、さらにViolaの双子の兄であるSebastianが現れて…という感じで何が何だかもう大変です。こんな無茶苦茶な人間関係の中で右往左往する登場人物の姿がとても可笑しいです。

シェークスピア、なかなかやるなぁ(笑)

評価:★★★★

|

« Tales of the Greek Heroes | トップページ | Traction Man Is Here! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shakespeare's Stories: Twelfth Night:

« Tales of the Greek Heroes | トップページ | Traction Man Is Here! »