« Uninvited Ghosts and Other Stories | トップページ | もしもファンタジーな感じのTOEICがあったら »

2007.07.26

The Prince and the Firebird


The Prince and the Firebird
(1,000語 YL:1.0)

昔々、王子Ivanが愛するVassilissaは、不死身の魔法使いKastcheiに捕らえられてしまいました。彼女を救うべく、Kastcheiが住む森に入ったIvanが見つけたのは、美しい火の鳥でした…。

バレエの脚本として書かれたものだそうで、「昔々…」で始まって「めでたしめでたし」で終わる典型的な物語です。イラストはなかなか美しいのですが、ストーリーがちょっとストレートすぎて面白みに欠けます。とは言っても、100年近くも前(1910年)に書かれた物語に対して今さらケチをつけるのは、ちょっと酷かもしれませんね。

評価:★★

|

« Uninvited Ghosts and Other Stories | トップページ | もしもファンタジーな感じのTOEICがあったら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Prince and the Firebird:

« Uninvited Ghosts and Other Stories | トップページ | もしもファンタジーな感じのTOEICがあったら »