« もしもファンタジーな感じのTOEICがあったら | トップページ | The Three Golden Keys »

2007.07.31

Whiskey on the Rocks
(A Whiskey Mattimoe Mystery: Vol.1)


Whiskey on the Rocks
(64,780語 YL:8.0)

半年前に最愛の夫を交通事故で失ったWhiskey Mattimoeは、不動産屋を経営していた。そんな彼女が扱う物件で殺人事件が発生する。そして被害者の遺体は、被害者の兄を名乗る人物とともに忽然と消える。さらに、魔の手はWhiskey自身へと迫ってくる。事件のカギを握るのは、Whiskeyの夫が彼女に遺した、彼女の言うことを全く聞かないアフガンハウンド…?

素人探偵が事件の解決に東奔西走する、いわゆる「コージーミステリ」ですね。主人公のWhiskeyをはじめ、登場人物はなかなか個性的で面白いです。ただ、その登場人物とその人間関係がちょっと複雑すぎですね。たとえば、事故で他界したWhiskeyの夫Leoの前の妻は別の男と結婚するのだが、Leoの娘と住んでいるとか、XXXを名乗る人物の正体はYYYで、本物のXXXの居場所はZZZで…などです。これだけ関係が複雑にからみあっていると、事件の全容を把握するのがなかなか難しいです。もうちょっとシンプルでもよかったかな、と思います。

評価:★★★

|

« もしもファンタジーな感じのTOEICがあったら | トップページ | The Three Golden Keys »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Whiskey on the Rocks
(A Whiskey Mattimoe Mystery: Vol.1)
:

« もしもファンタジーな感じのTOEICがあったら | トップページ | The Three Golden Keys »