« Bony-Legs | トップページ | Return to Del
(Deltora Quest: Vol.8) »

2007.08.28

Lord Loss
(The Demonata: Vol.1)


Lord Loss
(43,545語 YL:4.5)

少年Grubbsの家族は何か隠しているようだった。両親は彼の「おしおき」を軽減したり、姉のGretは彼に高価なプレゼントをくれたり…。そんなある日、両親と姉は泊りがけで出かけるというので、Grubbsは叔母さんの家で一晩過ごすことになった。家族の行動を怪しんだ彼は、叔母の家をこっそり抜け出し、自宅へと向かった。そこで彼が目撃したのは、家族の変わり果てた姿と、本物の…悪魔…。

The Saga of Darren Shanシリーズの作者、Darren Shanの新シリーズ"The Demonata"の第1巻ですが、今回のシリーズの主人公はDarren Shanではありません(なんのこっちゃ(笑))。The Saga of Darren Shanではヴァンパイアの話でしたが、今回はワーウルフ(狼男)です。ヴァンパイア、ワーウルフときたら、次回作はやっぱりフランケンでしょうか。フンガーフンガー(って、今時の若い子達は知らないか。怪物くん(笑))。

悪魔、ワーウルフ、そして「チェス」という3つの要素をうまくミックスして、ダークでクールなストーリーを紡いでいます。Darren Shanの作品らしく、スプラッターや緊迫のバトルシーン、そして多少のご都合主義(笑)も健在です。The Saga of Darren Shanで彼のファンになった人なら、必読の作品です。読んでいる間は「評価は星4つくらいかなー」と思ってましたが、「最後の2行」にやられました。星5つです!!

スプラッタホラー作品にしては、今回何故か書評がフザケ気味だな(笑) <自分

評価:★★★★★

|

« Bony-Legs | トップページ | Return to Del
(Deltora Quest: Vol.8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lord Loss
(The Demonata: Vol.1)
:

« Bony-Legs | トップページ | Return to Del
(Deltora Quest: Vol.8) »