« 決めた。 | トップページ | 不都合な真実 »

2007.09.25

Clever Cat


Clever Cat
(814語 YL:1.5)

猫のTibsは、毎朝玄関の前で待ちぼうけ。ご主人さま一家が、朝の出勤や通学準備で忙しく、彼の朝ごはんがなかなか用意されないからだ。業を煮やした彼は、ある日、缶切りを使って自分でキャットフードの缶を開けた。ご主人さま一家は感心。「おお、なんと賢い猫だ。」そこで彼らは、Tibsの世話を彼自身に任せていくのだが…。

自分のことは何でも自分でできるようになった猫の絵本です。割とリアルな絵柄ですが、後ろ脚だけで直立歩行するTibsの姿が何ともいえずユーモラスですね。

「他人より優れたことができるのが賢いのではない。どうすれば自分が本当に幸せになれるかを知っていることが賢いということだ」という、なかなかに重厚なメッセージを、面白おかしく表現しています。Tibsがあくせく働く姿に、ついつい自分の姿を重ねてしまう、忙しいサラリーマンの方々も多いのではないでしょうか。

評価:★★★★

|

« 決めた。 | トップページ | 不都合な真実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Clever Cat:

« 決めた。 | トップページ | 不都合な真実 »