« Independence Day | トップページ | グアムでバカンス »

2008.03.27

Captain Underpants and the Attack of the Talking Toilets


Captain Underpants and the Attack of the Talking Toilets
(6,200語 YL:4.3)

GeorgeとHaroldが生み出した恐怖の人喰いトイレ達。彼らは学校中を暴れまわり、学校は阿鼻叫喚の地獄絵図(?)。このまま人類はすべてトイレに喰われて滅亡してしまうのか?いや、こんな時にこそ彼がいる!そう、僕らのCaptain Underpants!人類の存亡を賭けた戦いが、今、始まる!

…などという大袈裟なあらすじは置いといて(笑)、Captain Underpantsの第2弾です。小学生が思いつきで描いた落書きをそのまま作品にしたような、相変わらずのバカバカしさは健在です。「くだらね~」とか言って笑いながら楽しめる作品です。トイレだとかパンツだとかのくだらない話題で笑うのが好きな男子小学生には無条件でオススメ。

評価:★★★★

|

« Independence Day | トップページ | グアムでバカンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Captain Underpants and the Attack of the Talking Toilets:

« Independence Day | トップページ | グアムでバカンス »