« グアムでバカンス | トップページ | 逆転裁判 »

2008.04.15

The Secret Adversary
(Tommy and Tuppence Mysteries Vol.1)


The Secret Adversary
(74,746語 YL:8.0)

TommyとTuppenceは、お金に困っていた。合法的な手段では生活ができないと考えた彼らは、「危ない仕事も引き受けます」というYoung Adventurers Ltdという会社を作って生計を立てようと考える。新聞に広告を出そうとしていた矢先に、彼らの会話を聞いていた男から仕事のオファーが来る。しかし、そこでTuppenceがJane Finnという偽名を使ったことで、事態は一変する…。

アガサ・クリスティのTommy and Tuppenceシリーズの第1巻です。ミステリというよりは、むしろサスペンスのような雰囲気が強いですね。英語がかなり難しかったり、第一次大戦中の欧米の国々の関係を理解していないと話を把握するのが難しかったりするので、正直あまり楽しめませんでした。事件のや出来事の真相が解き明かされる場面も、ちょっと説明的すぎるような気がします。

評価:★★

|

« グアムでバカンス | トップページ | 逆転裁判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Secret Adversary
(Tommy and Tuppence Mysteries Vol.1)
:

« グアムでバカンス | トップページ | 逆転裁判 »