« ER-6iは二度死ぬ | トップページ | Horace and Morris but Mostly Dolores »

2008.06.28

Library Lion


Library Lion
(1,370語 YL:0.8)

ある日、図書館にライオンが現れました。司書さんがあわてて館長に報告します。「館長!ラ、ライオンです!」「あら、そう。そのライオンは図書館の規則に違反したの?」「…いいえ」「じゃあ別にいいじゃない。放っておきなさい」それからそのライオンは、絵本の読み聞かせを楽しみにして、毎日図書館に通うようになりました…。

図書館が好きなライオンの絵本です。館長は規則にとても厳しく、規則を守らないと図書館の出入りが禁止になるので、ライオンは規則を守ります。でも、規則なんかよりもっと大切なことがあると気付いた時の彼の行動はとても立派でした。とても心温まるストーリーです。

絵柄も柔らかいタッチと淡い色使いで、優しさにあふれるものになっています。まさに図書館に置いておくのにぴったりの絵本ですね。

評価:★★★★

|

« ER-6iは二度死ぬ | トップページ | Horace and Morris but Mostly Dolores »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Library Lion:

« ER-6iは二度死ぬ | トップページ | Horace and Morris but Mostly Dolores »