« 英検1級、獲ったど~! | トップページ | 独学で英検1級:一次試験対策編 »

2008.07.24

Darkly Dreaming Dexter


Darkly Dreaming Dexter
(72,879語 YL:7.0)

警察で殺人現場の血液分析に携わるDexterは、別人格を持っていた。その別人格は殺人鬼で、これまで何人もの極悪人達を抹殺してきた。だが、彼はある日、まるで彼の手口とそっくりの殺人事件に出くわす。Dexterは疑問に思う。俺の他にもこんな見事な手口を実行する奴がいるのか…?

マイアミを舞台にした連続殺人サスペンスです。主人公Dexterの設定がなかなか凝ってますね。警察側の人間でありながら、極悪人を私刑にします。でもそれは正義感からではなくて、彼の別人格である殺人鬼の欲求を満たすのが目的です。こんなねじ曲がった感じのキャラ設定はなかなかユニークですね。無能なくせにすべてを仕切りたがるLaGuerta刑事など、個性的な脇役も多く登場します。

謎めいていて緊迫感のある展開には結構ドキドキしましたが、事件の真相や結末にはちょっと拍子抜けしてしまいました。もうちょっと伏線を生かした結末でもよかったのではないかと思います。

評価:★★★

|

« 英検1級、獲ったど~! | トップページ | 独学で英検1級:一次試験対策編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Darkly Dreaming Dexter:

« 英検1級、獲ったど~! | トップページ | 独学で英検1級:一次試験対策編 »