« Horace and Morris but Mostly Dolores | トップページ | 英語舌のつくり方 »

2008.07.04

Princess Academy


Princess Academy
(62,368語 YL:5.5)

Miriは山の上の石切り場の村に住む女の子。ある日、彼女の村に王様の使いがやってきた。「予言に基づき、この村に住む娘の中から、王子と結婚するプリンセスを選ぶ。」そして娘達はプリンセス・アカデミーに連れて行かれ、そこで礼儀作法や知識を厳しく叩き込まれる。果たして誰が王子の心を射止めるのか…?

プリンセスになるべく頑張る女の子達の物語です。将軍家に嫁いで御台所になる薩摩の分家の娘の物語ではありません(笑)。主人公のMiri達がプリンセス修行を通して知識を身につけ、自分の新たな可能性を発見していくところがいいですね。また、「本当は大好きな幼なじみの男の子がいるんだけど、王子様とのゴージャスな生活を夢見るのも楽しい」といった、微妙な女心(葛藤)なんかもうまく描いていると思います。

少々の衝突はあるにせよ、アカデミーの女の子達は基本的に仲が良くて、Miriを中心にして、みんなで協力して困難を乗り切っていきます。個人的には、一人の王子を争う女同士のバトルみたいなものが、もうすこし派手にあっても面白かったかと思います。「アタクシが絶対に王子様と結婚するのよオマエ達のような小汚い小娘達には絶対に負けなくてよオホホホホ」などと言いながら上履きに画鋲を仕込むような極悪お姉様キャラの一人くらいいてもよかったと思うのですが。清く正しい児童書的には超NGですな(笑)。

評価:★★★★

|

« Horace and Morris but Mostly Dolores | トップページ | 英語舌のつくり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Princess Academy:

« Horace and Morris but Mostly Dolores | トップページ | 英語舌のつくり方 »