« Circus Girl | トップページ | Little Hobbin »

2008.08.30

Sylvester and the Magic Pebble


Sylvester and the Magic Pebble
(1,283語 YL:1.0)

ロバのSylvesterは、珍しい色や形の小石を集めるのが大好き。ある雨の日、彼は宝石のように赤く輝くまんまるな石を見つける。その石を手にとって「雨が止むといいのに」と願うと、ぱったりと雨がやんだ。「すごい!この石は願いを叶える魔法の石だ!これさえあれば何でもできる!」早速パパとママに知らせようと急いで家に帰りますが、その途中で、怖いライオンに出合ってしまい、思わず彼が願ったのは、とんでもないことでした…。

魔法の石を手にしたロバの物語です。その石のおかげで彼は大変な事態に直面してしまうのですが、「結局のところ、一番の幸せは、魔法の石を手に入れるずっと前から持っていたもの」という、とても温かみのあるラストで完結しています。

作者のWilliam Steigの作品には、この作品の他にもShrek!など、なかなか味のある作品がたくさんありますね。

評価:★★★

|

« Circus Girl | トップページ | Little Hobbin »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sylvester and the Magic Pebble:

« Circus Girl | トップページ | Little Hobbin »