« Don't Forget to Write | トップページ | 逆転裁判2 »

2008.12.13

Skipping Christmas


Skipping Christmas
(37,698語 YL:8.2)

クリスマス準備のための人ゴミや出費の多さにうんざりしたLutherは、妻のNoraとともに、今年のクリスマス行事は全て「スキップ」して、代わりに12月25日にカリブへ豪華クルーズに行く計画を立てる。クリスマスカードもツリーもプレゼントも無く、クルーズに出発するまで静かな日々を送ろうとしていた二人であったが…。

「クリスマスをやめる」と決めた夫婦を描いたコメディです。「クリスマスをどう過ごそうが俺の勝手だ」と言いたいところですが、いろんな人たちが、商売とかチャリティとかお付き合いとかいろいろな理由で、Luther達にクリスマスを「押し付けようとする」のが可笑しいですね。John Grishamというと、やっぱり「シリアスな法廷モノ」というイメージがありますが、なかなかどうして、コメディのセンスも一級ですね。いっそコメディ作家になってくれればいいのに(笑)。爆笑ポイントをいくつも散りばめて、ちょこっと人間の哀しさ、そして温かさを加えて、絶妙なバランスのクリスマスツリーができあがっているようです。

見栄や義務感なんかで「きれいに飾り付けをしなければならない」とか「人ゴミをかきわけてプレゼントを用意しなければならない」なんて思い始めると、楽しいはずのクリスマスが何だか全然楽しくなさそうに見えますね。自分と、自分が大切にしている人達が幸せになるようなクリスマスを過ごすにはどうすればいいのかということについて考えさせられる作品でもあります。

自分の場合は、まあ、あんまり肩に力を入れずに、例年通りにささやかなクリスマスを送ろうと思います。

評価:★★★★

|

« Don't Forget to Write | トップページ | 逆転裁判2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Skipping Christmas:

« Don't Forget to Write | トップページ | 逆転裁判2 »