« 旅の終わりに | トップページ | アーセナルのチケット »

2009.03.08

Cirque Du Freak (再読)
(The Saga of Darren Shan Vol.1)


Cirque Du Freak
(48,726語 YL:5.3)

英国滞在中は趣味で洋書を読むことが全く無かったので、リハビリ(?)も兼ねてダレン・シャンを再読してみることにしました。

4年半ほど前に、初めてこの本を読んだ時には「ずいぶん長い物語を読んだなぁ」という達成感を覚えた記憶があります。でも今ではこれくらいの本はサクサク読める部類になってしまっています。もちろん一度読んで内容を知っているということもありますけど。

あらためて読むと、やってはいけないことや危ないことに魅かれる子供の心理をしっかり描いていますね。しかもダレンは、親友の命を危険にさらしておいて、それでも自分の身を守るために秘密を隠し通そうとするような、児童書ヒーローにあるまじきヒドイ奴(笑)。でもそのあたりの「小心者さ加減」も、読者がダレンに親近感を持つのに役立っているのかもしれませんね。

それにしても、ダレンが全てを断ち切って旅立つ前日のシーンは泣かせますねぇ。個人的にはシリーズ中で2番目に泣ける場面です。1番目はやっぱりリーズ後半のアレです。

|

« 旅の終わりに | トップページ | アーセナルのチケット »

コメント

おかえりなさぃ♪お仕事お疲れさまでしたm(_ _)m
さっそく洋書の読書ですねー♪勉強家☆

今夫と私が読みたいのは "The time traveler's wife" です。知り合いの人2人からのお勧めだったので気になってます。読みました?

投稿: pippy | 2009.03.11 06:43

pippyさん、こんにちは。無事に日本に戻ってきました。

The time traveler's wifeはまだ読んだことがないですが、図書館に蔵書があったので、予約してみました。でも500ページ超(15万語)ですから、ちょっと読むのに時間がかかりそうですね。

ちなみに、自分にとって読書は勉強ではありません。勉強がキライだから多読をしているのです(笑)。

投稿: ぴくりん | 2009.03.15 23:33

そぅなんですね(^^) 勉強じゃないって響きがいぃですね♪

こっちは図書館 (高校の) で見つからなかったので他の図書館を探す前に違う本を読み始めました!lee childのPersuaderです。勿論夫と・・・夫ばっかりで可哀想だなーと思い、読むのを交換してみたのですが自分で声に出して読むと頭に入らないんです、なんでだろ(^^;)

The time traveler's wife (えー500page!!!) はぴくりんさんの読むタイミングと一緒になれたらいぃな〜。あ、でもぴくりんさんの感想を見てからでもいぃかな♪わかりやすいから(^^)
楽しみです♪

投稿: Pippy | 2009.03.17 04:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cirque Du Freak (再読)
(The Saga of Darren Shan Vol.1)
:

« 旅の終わりに | トップページ | アーセナルのチケット »