« Sebastian Darke: Prince of Fools | トップページ | Red Cliff Part I »

2009.04.24

Lord Loss
(The Demonata: Vol.1) (再読)


Lord Loss
(43,545語 YL:4.5)

Demonataシリーズの第1巻を読みなおしてみました。The Saga of Darren Shanシリーズと比べると、「スプラッタ度3割増量中」といった感じでしょうかね。ティーンエイジャーの男の子と、彼を闇の世界へ導く案内人のタッグという構図は、The Saga of Darren Shanと一緒ですね。まさに「ダレンワールド全開」といったところでしょうか。

ところで、この作品を読むと、先日の「探偵ナイトスクープ」特番でやっていた「将棋ボクシング」のことをつい思い出してしまうのは自分だけでしょうか(笑)。

|

« Sebastian Darke: Prince of Fools | トップページ | Red Cliff Part I »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lord Loss
(The Demonata: Vol.1) (再読)
:

« Sebastian Darke: Prince of Fools | トップページ | Red Cliff Part I »