« Peony in Love | トップページ | The Voyage of the Dawn Treader
(The Chronicles of Narnia) »

2009.07.22

Bec
(The Demonata: Vol.4)


Bec
(61,933語 YL:6.0)

少女Becが住む砦には、夜な夜な多くの魔物たちが襲ってきた。そんな中、「速く走れ!」と片言の言葉しか喋らない少年がやってきた。どうやら彼の一族が助けを求めているらしい。Becは、父親代わりのGollらとともに、少年の仲間を助けるべく出発するが、Becに課せられた使命は、彼女の想像を大きく超えるものだった…。

Demonataシリーズの第4巻です。ダレン・シャンの作品にしては珍しく主人公が女性ですね。ちょっと目新しい感じ。いろんな困難に遭遇しながらも、自分の使命を果たすべく前に進み続ける小さなBecの姿はカッコいいですね。Becを導く老人Drustや、部族長の息子で臆病者のくせに王座を狙うConnlaなど、裏で何かを考えているような登場人物が多く、謎めいた雰囲気でストーリーが進みます。

結末はかなり残酷でショッキングですが、このままでは終わらないような雰囲気もちょっと出ていますね。

評価:★★★

|

« Peony in Love | トップページ | The Voyage of the Dawn Treader
(The Chronicles of Narnia) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bec
(The Demonata: Vol.4)
:

« Peony in Love | トップページ | The Voyage of the Dawn Treader
(The Chronicles of Narnia) »