« Bec
(The Demonata: Vol.4)
| トップページ | 逆上がり »

2009.07.28

The Voyage of the Dawn Treader
(The Chronicles of Narnia)


The Voyage of the Dawn Treader
(52,078語 YL:7.4)

かつてNarnia王国を救ったEdmundとLucyは、いとこのEustaceの家に泊まっていた。彼らは、Eustaceの家の不思議な船の絵に吸い込まれてしまう。そしてたどり着いた先は、大海原を渡る船、Dawn Treader号だった。そしてその船に乗っていたのは、Narnia王国でEdmundとLucyが助けたCaspian国王だった。彼は、行方不明になった、父の7人の友人を探しに東へ向かっているという…。

The Chronicles of Narniaシリーズの一作です。EdmundとLucyが船旅の中で、様々な島を見つけ、そこで様々な出来事が起こります。倒すべき強敵が出てくるわけでもなく、雰囲気はこれまでの作品とちょっと変わっていて面白いですね。様々に起こる荒唐無稽なイベントが面白いですね。ちょっと「不思議の国のアリス」や「ガリバー旅行記」なんかとテイストが似ているような気がします。個人的には、Eustaceとドラゴンのエピソードが気に入っています。

威張りんぼうで弱虫のEustaceの存在が、物語のいいアクセントになっていると思います。最近Edmundがおりこうさんになってきてしまっているので、こういうキャラがやっぱり1人くらい必要ですよね(笑)。

評価:★★★★

|

« Bec
(The Demonata: Vol.4)
| トップページ | 逆上がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Voyage of the Dawn Treader
(The Chronicles of Narnia)
:

« Bec
(The Demonata: Vol.4)
| トップページ | 逆上がり »