« 恐竜検定 | トップページ | 衆院選2009 in CNN Student News »

2009.08.30

Tunnels (Tunnels Books #1)


Tunnels
(115,000語 YL:8.0)

Willとその父親のDr.Burrowsは、地下に埋もれた過去の遺物を掘り起こすのが趣味。最近も、古くなって使われなくなった駅を探し当てた。そんなDr.Burrowsが、Willの母親と口論した後、忽然と姿を消してしまう。Willは父が内緒で掘っていたトンネルを発見し、親友のChesterとそれを掘り進めるのだが、たどり着いた先は、彼らの想像を超える地底の世界だった…。

トンネルを掘り進め、地底の世界を冒険する少年の物語です。地底の世界が舞台だけあって、薄暗くてダークな雰囲気がとてもいい感じですね。登場人物を見ても、地底に住む人々はとても怪しげな感じですし、Willの両親や妹なども秘密めいた雰囲気を醸し出しています。

まさにトンネルを掘り進めて行くが如くで、次の展開が全く読めません。一寸先いは闇というドキドキ感いっぱいのアドベンチャーですね。

評価:★★★★

|

« 恐竜検定 | トップページ | 衆院選2009 in CNN Student News »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tunnels (Tunnels Books #1):

« 恐竜検定 | トップページ | 衆院選2009 in CNN Student News »