« 多読のコスト | トップページ | 久々の国立 »

2009.09.23

Nighttime Is My Time


Nighttime Is My Time
(97,077語 YL:8.0)

20年ぶりの高校の同窓会に出席したJean。しかしその20年の間に、高校のランチテーブルを共にしたJeanを含めて7人の女性のうち、5人が不可解な死をとげていた。そして、同窓会の最中に、6人目の女性Lauraが姿を消す。そして最後に残されたJeanのもとには、彼女が秘密裏に産んで養子に出した娘の命を狙う脅迫状が届く。夜中に彼女達を襲うための爪を研ぐフクロウの正体は一体…?

高校の同窓会を舞台にしたサスペンスです。同窓会の出席者(全員セレブ)の中に、犯人がいるのは分かっているのですが、その犯人が犯行に及ぶ場面では、文中では「フクロウ」(The Owl)と呼ばれるため、それが誰なのかは分かりません。このThe Owlは他の登場人物と会話したり、目撃されたりするのですが、読者からはその姿や声は分かりません。「お前は一体誰なんだー!」と、いい意味でイライラハラハラさせられます。

評価:★★★★

|

« 多読のコスト | トップページ | 久々の国立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nighttime Is My Time:

« 多読のコスト | トップページ | 久々の国立 »