« The Hunted | トップページ | Not a Penny More, Not a Penny Less »

2009.11.22

Bootleg


Bootleg
(66,240語 YL:4.5)

選挙で政権を奪取した「あなたのためです党」。この党が可決した「チョコレート禁止法」により、チョコレートをはじめとする全ての甘味の所持および製造、販売は禁止された。法に逆らうものは捉えられ、「再教育」という名の洗脳を受けることに。しかし、チョコレートを愛する少年SmudgerとHuntlyは、理不尽な法律に対抗すべく、チョコレートの密造を開始。しかし、彼らには捜査の手が伸びる…。

チョコレートが禁止された世界での少年達の反抗の物語です。「理不尽な大人に知恵と勇気で対抗する少年達」という構図で、ある意味、児童書の王道をいく作品ですね。

(チョコの製造という)違法行為や絶対絶命のピンチなどの場面もありますが、全編にマンガチックでユーモラスな雰囲気が漂っています。特にキャラクター描写が秀逸ですね。明るくてお気楽なSmudgerと、比較的慎重派のHuntlyという二人の主人公の性格もきっちり分かれています。また、チョコレートのCMをクビになった元役者で現在ホームレスのCharlesや、古本屋を営む謎多き老人Mr.Bladesなど、脇役もとてもキャラが立ってます。

それにしても、少年達が犯罪行為に手を染めるくらいのチョコレートの魔力って、やっぱりすごいですよね。甘くて、安価で、手軽で、いつでもどこでも食べられるチョコレートは、日々の生活で感じられる小さな幸せの象徴だと思います。「チョコレート禁止」をマニフェストに掲げる政党があったら、自分だったら絶対に投票しないですね。

読み終わった後には、間違いなくチョコレートが食べたくなる一作です。

評価:★★★★★

|

« The Hunted | トップページ | Not a Penny More, Not a Penny Less »

コメント

こんにちはーお久しぶりです!!
昨日CM(NZの)で「お、映画かー面白そう」ってみてたら映画名 "The Time Traveler's Wife" ってー!おすすめしておきながら私はまだ読んでません・・・映画みてから読んだら面白くないですよねー本で楽しみたいって気持ちが強いんですけど…DVD化を待ってとりあえず本読もうかな・・・あ、後最近食べたのですがフルーツポリッジが美味しかったです♪今度挑戦してみてくださぃね♪体にも良いみたいですし(^▽^)/ ちなみに私チョコレートものっすごく好きです。一度催眠でチョコ嫌いにでもしようかなって思ったけど嫌いになったら食べられなくて困る!!って思って却下しました(^^;) 嫌いになって食べられなくなったらなったで問題はないんでしょうけどね(笑)

投稿: Pippy | 2009.11.26 17:00

pippyさん、こんにちは。ぴくりんです。
コメントありがとうございます。

pippyさんのblogも拝見していますよ!子育てにはパワーが必要でしょうから、チョコレートでの糖分補給は必須ですね!ちなみに、自分もpippyさんに負けず、チョコレート大好き野郎です。

フルーツポリッジですかー。また英国に行く機会があったらチャレンジしてみたいですね(あるのか?)。ポリッジは日本ではあまり口にすることができない食べ物だけに、ちょっと懐かしい感じがします。美味しいかどうかは別として(笑)。

投稿: ぴくりん | 2009.11.30 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bootleg:

« The Hunted | トップページ | Not a Penny More, Not a Penny Less »