« Flat Stanley: His Original Adventure! | トップページ | Lovers and Losers »

2010.01.13

One for the Money
(Stephanie Plum Novels #1)


One for the Money
(80,000語 YL:7.5)

30歳、バツイチ、無職のStephanieは、生活費に困り、従兄弟のVinnieが経営する保釈保証会社(bail bonding company)で働くことにする。Bounty hunterとなり、保証金を積んで保釈されながらも、期日に出頭しない逃亡者を捕まえてくれば、保釈金の10%が手に入るという。しかし今回、1万ドルの収入のためにターゲットとなった逃亡者は、過去にStephanieと関係を持った男、Joeだった…。

即席bounty hunterになったStephanieの活躍を描いた、サスペンス・ミステリです。まず、このbounty hunterという職種がなかなかユニークですね。治安を守る警察や事件を解決するのが仕事の刑事とは違い、勤務先が営利目的の保釈保証会社なので、主人公のStephanieも、正義感や職務に対する義務感などではなく、「生計を立てるため」という単純かつ最も重要な理由により、逃亡者を探すことになります。

また、Stephanieは特別な能力や責任感があるわけでもなく、いわば「ド素人」なので、いろんな場面であたふたする彼女の姿が楽しめます。ちょっとコージーミステリチックなテイストも感じられますね。

ターゲットのJoeのポジションも面白いですね。Stephanieとは以前関係を持った関係で、彼女はJoeを恨んでたり、ちょっと情が残っていたりしていて、二人の間には何とも言えない微妙なバランスがあります。

オチはちょっと普通かな、とも思いますが、ストーリーには山場もたくさん用意してあるので、右往左往するStephanieと一緒にハラハラドキドキを楽しむことができます。

評価:★★★★

|

« Flat Stanley: His Original Adventure! | トップページ | Lovers and Losers »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: One for the Money
(Stephanie Plum Novels #1)
:

« Flat Stanley: His Original Adventure! | トップページ | Lovers and Losers »