« Best Friends | トップページ | 1,500万語通過!! »

2010.04.15

Shields of Pride


Shields of Pride
(100,000語 YL:9.0)

1173年のイギリス。道端でMonstsorrel家の一行が困っていた時に助けたのは、Lord Williamの息子のJoscelin。その後、粗暴なMonstsorrel家の主Gilesが死に、後には妻Linnetと息子Robertが残された。彼らを守るように命じられたJoscelin。最初は彼のことを財産目当てと疑っていたLinnetであったが、二人は互いに強く惹かれあうようになる。しかしLinnetには、Joscelinには決して明かせない秘密があった。そして二人の運命は、戦乱の世に巻き込まれることになる…。

中世のイギリスを舞台にした物語です。最初は歴史ドラマかと思いましたが、完全にJoscelinとLinnetのラブストーリーですね。近親者の間での憎悪が生々しく描かれています。JoscelinとRalfの兄弟関係、夫Williamと妻Agnes、父Williamと息子Ralf、そして妾のMorwennaと妻Agnesなど、様々な憎悪の関係が描かれています。男達の憎悪は権力がからんでいるものが多いですが、女同士や夫婦間の憎しみは嫉妬などの個人的な感情が多いですね。でも、どちらも「プライド」に関わる問題というのが、この作品のテーマなのでしょうか。

あと、ちょっと英語が難しいですね。mercenaryとかoublietteとか、他の作品ではあまりお目にかからない単語が多数出てきます。歴史物を読む時には、それなりの専門用語を知らないといけないのは、和書でも洋書でも一緒ですね。

評価:★★★

|

« Best Friends | トップページ | 1,500万語通過!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shields of Pride:

« Best Friends | トップページ | 1,500万語通過!! »