« 恐竜検定2級は受験しません。 | トップページ | Cold Caller »

2010.07.06

By a Spider's Thread


By a Spider's Thread
(95,778語 YL:8.0)

裕福なRubin家の妻Natalieが突然、3人の子供を連れて失踪した。残された夫のMarkは、私立探偵のTessに捜索を依頼するが、家族の失踪の原因には全く心当たりがないと言う。しかし実際は、Natalieは他の男Zekeと逃避行の途にあった。そして捜査を進めていくTessは、MarkとNatalieの秘密を突き止めることになる…。

家族の失踪を捜査する私立探偵Tessが活躍するサスペンスです。依頼者のMarkがユダヤ教徒で、「妻以外の女性には触れない」等の様々なユダヤ教のしきたりや専門用語がでてきます。自分はこの分野の知識をあまり持っていないので、ニュアンスがよく分からない部分も少しありました。

事件の首謀者のZekeは、自分では頭が良くて完璧な計画を練っていると考えています。しかし、Natalieが起こす次々の「想定外」によって右往左往するはめになります。その様子にはなんだか喜劇的な哀しさすら感じてしまいますね。極悪人なので、あまり同情はしませんが。

逃げる側の状況が分かってしまっていることもあり、サスペンスとしての緊張感は、まあ普通といった感じですね。

評価:★★★

|

« 恐竜検定2級は受験しません。 | トップページ | Cold Caller »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: By a Spider's Thread:

« 恐竜検定2級は受験しません。 | トップページ | Cold Caller »