« オシム勝つ日本 | トップページ | Solar »

2010.07.23

Two for the Dough
(Stephanie Plum Novels #2)


Two for the Dough
(84,000語 YL:8.0)

裁判所に現れない保釈人を捜索するBounty hunterの仕事をするStephanie。今回の彼女のターゲットは、友人のMoogeyを銃で撃ったとされる男Kenny。それと同時にStephanieは葬儀屋のSpiroから、無くなった棺桶の捜索を依頼される。しかしそれらの事件の裏では、巧妙な武器の密売が行われていた…。

One for the Moneyの続編です。前作に比べるとちょっとインパクトが薄い気もします。読むほうがBounty hunterという仕事に慣れてしまったせいかもしれません。

事件の真相や物語のプロットを楽しむというよりは、キャラクターの魅力で勝負の作品ですね。勇気や正義感などこれっぽっちもないヘタレなStephanieや、何かと彼女に迫ってくる刑事のJoe Morelli。神出鬼没のターゲットKennyなど、それぞれにキャラが立ってます。特に、Stephanie以上にBounty hunterの仕事にやる気を見せるMazurおばあちゃんの活躍は必見です。彼女無しではこの作品は語れません。

評価:★★★

|

« オシム勝つ日本 | トップページ | Solar »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Two for the Dough
(Stephanie Plum Novels #2)
:

« オシム勝つ日本 | トップページ | Solar »