« Two for the Dough
(Stephanie Plum Novels #2)
| トップページ | Just Take My Heart »

2010.08.05

Solar


Solar
(99,000語 YL:9.0)

ノーベル賞物理学者のMichael Beardの5回目の結婚も終わりを迎えようとしていた。代替エネルギー研究機関の代表に就任した彼が、地球温暖化を体感する過酷な北極ツアーから帰宅すると、そこにいたのは彼の教え子のTom Aldousであった。しかしTomはアクシデントによってその場で命を失ってしまう。困惑したBeardは、Tomの死亡を、あたかも彼の妻の浮気相手であるTarpinの犯行であるかのように偽装する。そして、BeardはTomの残したアイディアをもとに太陽光エネルギーの研究を進めるのだが…。

一人のノーベル賞学者の人生を綴ったヒューマンドラマです。主人公Beardの人物像のディテールが細かく描かれていますね。彼はノーベル賞学者で、周りも彼を尊敬しているのですが、ノーベル賞以降は大した研究成果を残していないことを自分でも知っており、しかも、どうしようもない浮気性。研究に全身全霊を傾けるといったステレオタイプ的学者の理想像からは程遠い姿で描かれているのが新鮮です。

ただ、ストーリーに目を向けると、物語の展開が冗長で、散漫なような気がしました。もうちょっとBeardの研究の進捗にストーリーを集中して簡潔になっていたら、もっと楽しめたかもしれません。オチもちょっとよく分からない。Beardの皮肉な運命の結末をシニカルに冷笑するような楽しみ方の作品なのでしょうが、自分のテイストにはちょっと合いませんでした。

評価:★★

|

« Two for the Dough
(Stephanie Plum Novels #2)
| トップページ | Just Take My Heart »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Solar:

« Two for the Dough
(Stephanie Plum Novels #2)
| トップページ | Just Take My Heart »