« The Girl Who Kicked the Hornets' Nest
(Millennium Trilogy #3)
| トップページ | Molly Moon Stops the World
(Molly Moon #2) »

2011.01.31

Millennium Trilogy コンプリート

"The Girl Who Kicked the Hornets' Nest"を読了して、Millennium 3部作を読み終わりました。

重厚な本格サスペンスという感じで、とても楽しめました。第1巻は過去の事件の捜査、第2巻は命を狙われる立場になったLisbeth、そして第3巻は法廷が主な舞台などとなっており、ストーリーもバラエティに富んでいます。

でもやっぱりこの作品の魅力は、主人公のLisbethというキャラクターでしょうね。ドライで冷静、一匹狼的というイメージもありますが、本当はとても仲間を大切にしています。Blomkvistや他の多くの人達が彼女のことを段々信じていくようになる気持ちが何となく分かるような気がします。

さらに、作品の内容以外の部分でも注目される要素を持っているようです。作者のStieg LarssonはジャーナリストでExpoという雑誌の編集者であったのですが、2004年に50歳で心臓病によりこの世を去ります。そして彼の死後、彼が遺したこの作品の原稿が発見されたのだそうです。

作者自身もBlomkvistのように、危ない橋を渡りながら、数々の秘密を暴こうとしていたのでしょうね。「彼は病気で死んだのではなく、知ってはいけない秘密を知ってしまい、口封じのために殺害された」などという噂が流れたとしても全く不思議ではありません。

作品自体も、そして作品の生い立ちも謎やサスペンスに満ちていて、非常に危ない魅力を放つ作品です。

|

« The Girl Who Kicked the Hornets' Nest
(Millennium Trilogy #3)
| トップページ | Molly Moon Stops the World
(Molly Moon #2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Millennium Trilogy コンプリート:

« The Girl Who Kicked the Hornets' Nest
(Millennium Trilogy #3)
| トップページ | Molly Moon Stops the World
(Molly Moon #2) »