« The Gold Coast | トップページ | Wolf Brother
(Chronicles of Ancient Darkness #1) »

2011.03.28

One Piece (Vol.1)


One Piece (Vol.1)
(9,700語 YL:4.5)

海賊になることを夢見る少年Luffy。彼は、憧れている海賊のキャプテン"赤毛のShanks"に、自分も航海に連れていくようにねだっていた。しかしShanksには軽くあしらわれてしまう。そんなLuffyは、「ゴムゴムの木の実」を食べてしまい、体がゴムのようになり、一生泳げない体になってしまう。ある日Luffyは山賊といざこざを起こし、Shanksに命を救われるが、その代償としてShanksは片腕を失ってしまう。Shanksの勇気と優しさを知ったLuffyは誓った。「俺は、海賊王になる!」


ご存知、大ヒットマンガOne Pieceの第1巻です。「誤って魔性の木の実を食べた」というアクシデントによって特殊能力をつけたという設定は、なかなかユニークです。

ストーリーとしては、分かりやすい勧善懲悪型ですね。敵役の海賊や海軍達は、悪人面で、同情の余地の無い悪党達です。ストーリーは単純かもしれませんが、このマンガの魅力はやっぱりキャラクターにあるのでしょうね。Luffy、Shanks、そしてZolo。みんな大切なものを持っています。それは夢であったり仲間であったりするのですが、それさえ守ることができれば、自分が他人にどう思われようが関係無いという、一種の潔さを感じます。日々の生活の小さいことでいろいろ悩んでいる読者達は、彼らの真っすぐな姿勢に惹かれるのかもしれません。

それにしても、Zoloカッコいいですねぇ。少女が一生懸命握ったであろうオニギリを、悪党がメチャメチャに踏みつぶしたのを見て、その泥だらけのオニギリをZoloが一粒残さず食べるシーンが好きです。男気を感じます。

評価:★★★★

|

« The Gold Coast | トップページ | Wolf Brother
(Chronicles of Ancient Darkness #1) »

コメント

私もOne Piece大好きです。英語・洋書のOne Pieceをたまに読みますが、分からない台詞が、4割くらいあります。でも日本語で繰り返し読んでいるので、楽しめます。
私の多読英語の語数はたぶん現在、50万語くらいで、いま、OBWのステージ2をゆっくりと読んでいるところです。

投稿: 抹茶 | 2011.03.29 15:21

抹茶さん、こんにちは。ぴくりんです。
コメントありがとうございます。

自分はOne Pieceは英語でしか読んだことがないのですが、とても楽しめました。キャラクターがみんな魅力的ですよね。

こんなblogでよろしければ、またお時間のある時にでもお立ち寄り下さい。

投稿: ぴくりん | 2011.03.29 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: One Piece (Vol.1):

« The Gold Coast | トップページ | Wolf Brother
(Chronicles of Ancient Darkness #1) »