« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.25

The Fellowship Of The Ring
(The Lord of the Rings #1)


The Fellowship Of The Ring
(183,992語 YL:9.4)

ホビット族のFrodoは、誕生日に忽然と姿を消した養父Bilboから、ある指輪を受け継いでいた。その指輪には、持つ者が歳を取らなくなったり、着けた者の姿を消すことができるという不思議な力が備わっていた。魔法使いGandalfは、その指輪は強大な力を持つ「全てを統べる指輪」であり、邪悪なSauronの手に渡ると非常に危険であると言う。そこでFrodoは、仲間達と共に、その指輪が敵の手に落ちないようにするための旅にでるのだが…。

この世の全てのファンタジー作品の原点となったとも言われる、"The Lord of the Rings"の第1巻です。Amazon.comの書評によると、「英語圏の人間は、"The Lord of the Rings"を読んだ人と、これから読む人の2種類に分けられる」とか「キリスト教徒が聖書を読まなくても許されるが、この作品を読まないファンタジー好きは救われない」など、最大級の賛辞が並べられています。

が、自分にとっては正直英語がかなり難解で、読むのが少々辛かったです。登場人物も多く、地名などの固有名詞も多々出てきます。自分はkindleで辞書を使いながら読んでいたのですが、それでも数多く出てくる詩なんかは言わんとしていることがさっぱり分からない部分も多々ありました。映画のDVDも出ているようなので、復習も兼ねて見てみようかな、と思っています。

ストーリーも、前半は舞台設定と昔話に終始するので、進展が遅くて少しイライラします。後半でFrodoがGandalfやStrider達と冒険をする部分からはかなり盛り上がってきますね。まさに雰囲気はRPGといった感じ。

ちなみに自分はkindleで3部作セットになったのを買いました。12ドルくらいだから、日本円で1,000円程度。全部で1,000ページ以上になるそうですが、そんな本を買っても本棚の場所を全く取らないkindleは素晴らしい(笑)。

評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.21

One Piece (Vol.2)


One Piece (Vol.2)
(7,900語 YL:4.5)

見知らぬ村に迷い込んだLuffyは、彼が目指す"Grand Line"への地図を持つ女の子Namiに出会う。しかしNamiは海賊を憎んでおり、彼女に騙されたLuffyは村を恐怖で支配するBuggy the Clownに捕えられてしまう。間一髪のところでZoloが助けに来るが、Buggyの手下に追われ、戦うことになる…。

One Pieceの第2巻です。NamiやClownの2人の手下(MohjiとCabaji)など、個性的なキャラクターがたくさん登場しますが、やっぱりこの巻の主役は「忠犬Chouchou」ですね。彼のとぼけた表情と、その内に秘めた固い決意には、Luffyでなくとも心を動かされると思います。

それにしても、海賊マンガなのにほとんど海のシーンがありませんね。仲間と共に行く先々の村々で、悪党共を懲らしめるというストーリーは、海賊マンガというよりは水戸黄門に近いような気がしないでもない(笑)。

評価:★★★★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.04.11

TOEFL受験します。

諸般の事情により、TOEFLを受験することにしました。

続きを読む "TOEFL受験します。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.04

1,800万語通過!!

"Wolf Brother"で多読1,800万語を通過したので経過報告させて頂きます。

続きを読む "1,800万語通過!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »