« 僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ | トップページ | クモロボット »

2012.02.01

The Murder at the Vicarage
(Miss Marple Mysteries)


The Murder at the Vicarage
(68,849語 YL:8.5)

穏やかなSt.Mary Mead村で殺人事件が発生。牧師館でProtheroe大佐が射殺体で発見された。誰からも嫌われていたProtheroe大佐を殺害するのに十分な動機を持つ者は村中にたくさんいるように思われた。そんな中、犯行に使われた拳銃の持ち主である、芸術家のLawrenceが警察に出頭し自首した。事件は解決したかに見えたが、今度はProtheroe大佐の再婚相手であるAnne Protheroeが、自分の犯行であると言いだした。複雑に絡み合う陰謀とアリバイの中、Miss Marpleの推理の結末は…?

ご存じ、アガサ・クリスティーによるMiss Marpleの初登場作品です。平穏な村が殺人事件という非日常な出来事によって、妙に盛り上がっているのが少し可笑しいですね。しかも被害者が村中の嫌われ者なので、悲しんでいる人があまりいない。現実世界の出来事ならかなり不謹慎ですが、フィクションなので良しとしましょう。

物語は、登場人物の動機や犯行時間の午後6時から7時の間のアリバイなどについて細かい情報が出てきて、少し説明的で分かりにくい部分もあります。ですが、一見事件には関係無いと思われる断片的な情報をつなぎ合わせて、1つのシンプルな真実をロジカルに導き出すMiss Marpleの推理力は見事に描かれていると思います。個人的には、Miss Marpleが真犯人を特定した後に立てた「作戦」が素晴らしいと思います。名探偵であるかどうかは、真実を見つけた後の行動にかかっていると思っているので、その点ではMiss Marpleは「真の名探偵」であると思います。

評価:★★★

|

« 僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ | トップページ | クモロボット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Murder at the Vicarage
(Miss Marple Mysteries)
:

« 僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ | トップページ | クモロボット »