« 新しいiPad | トップページ | Trials of Death
(The Saga of Darren Shan #5) (再読) »

2012.05.09

Playing for Pizza


Playing for Pizza
(69,448語 YL:6.5)

NFLの三流プレーヤーのRickは、タイトルのかかった試合で信じられないミスパスを連発し、チームを奈落の底に陥れた。全米中の笑い者になった彼は、当然のように首になった。誰も彼に声をかけない中、唯一彼にオファーを出したチームがあった。そのチームは"Parma Panthers"、イタリアのチームだった。「フットボール」と言えばサッカーのことを指すイタリアにおいて、アメフトは超マイナースポーツ。言葉も文化もアメリカとは全く異なるこの国で、Rickは成功できるのか…?

John Grishamが描くスポーツドラマです。Grishamは法廷モノで有名ですが、それ以外の分野でも人間ドラマを描かせたら一級品ですね。以前に読んだSkipping Christmasというコメディ作品も非常に面白かったです。

Playing for Pizzaでは、「NFLプレーヤーとして成功する」という夢が破れた一人の男Rickの姿を描いています。彼がイタリアに渡ったのは文字通り「都落ち」だったのですが、そこで彼なりのやりがいを見つけます。

スポーツでもビジネスでも、自分の思い描いた通りのキャリアをたどれる人は、ほんの一握りだと思います。多くの人はRickのように「こんな風になるはずじゃなかった」と思いながら過ごしているのかもしれません。でも逆に、Rickのように異郷で自分が想像もしていなかったやりがいや幸せを見つけられることは、とても素晴らしいことだと思います。

金も名誉も関係なく、ただ「アメフトが好き」という気持ちだけでプレーする仲間がいるということは、Rickがイタリアで戦うための大きなモチベーションになったのだと思います。でもやっぱり、食べ物がおいしいかどうかと、素敵な異性がいるかどうかが、その土地に馴染むための重要な要素なのでしょうね(笑)。

評価:★★★★

|

« 新しいiPad | トップページ | Trials of Death
(The Saga of Darren Shan #5) (再読) »

コメント

学校の自由課題で和訳に挑戦しようと思ってるのですが、
丁度良い洋書を探してます。
条件として
・200ページ程
・夏の2ヶ月ほどの間で和訳できる。要するに一日4-5ページずつくらいでやりたいです。
(難しいのはちょっとキツいです。)
・和訳してて面白い
夏は部活などもあるので、一日2時間ほどが丁度良いかと。
毎日やっていく予定です。
中学生で、ある程度英語は理解しているつもりですが、
それでも英語力には少し不安があります。
何か丁度良い洋書はありませんか?

投稿: xionglianq | 2012.05.10 20:33

xionglianqさん、こんにちは。ぴくりんです。

コメントありがとうございます。

ご質問の内容についてですが、洋書をほとんど読んだことの無い中学生の方が、いきなり200ページの洋書を和訳しようというのは、かなりハードルが高いのではないかと思います。

まずは、Penguin Readers( http://www.longmanjapan.com/penguin/readers_j.html )の中から、とりあえず自分の興味に合いそうな作品を4~5冊選んで読んでみてはいかがでしょうか。有名作品の要約なども多いので、必ず好きなジャンルの本が見つかると思います。

実際に何冊か読んでみて、自分のペースで1週間以内に読み切れる分量の作品を和訳の対象に選ぶのがよいかと思います。

投稿: ぴくりん | 2012.05.10 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Playing for Pizza:

« 新しいiPad | トップページ | Trials of Death
(The Saga of Darren Shan #5) (再読) »